学習机 引越し 荒天

引越しと荒天

引越し 荒天

 

当然ですが、引越し日の天気を選ぶことはできません。
もしかしたら物凄く大雨になるかもしれませんし、大雪になるかもしれません。

 

しかし一番困るのは台風直撃の時です。台風の中、引越しを敢行するのは命にも関わる危険な行為です。
このような荒天の場合、引越しはどうなるのでしょうか?

 

普通の雨や雪の場合は、家財が濡れないように細心の注意を払いながら荷物を運搬します。
例えば防水マットを敷いたり、こまめにタオルで拭きながら作業したり、替えの靴下を多めに持って作業に当たるそうです。

 

でもダンボールに何が入っているのか梱包した人にしかわかりません。

 

水分に弱い電化製品や革製品は、梱包の時にしっかりビニール袋に入れて濡れないように自分でも防水対策をしておきましょう。

 

さて問題の台風ですが、これは引越し業者と話し合って決めることになります。
連絡を待つのではなく、自分から連絡しましょう。

 

なぜなら引越しの前日からはキャンセル料がかかることがあるからです。
引越し業者は行うつもりなのに、お客さんが勝手にキャンセルにしたという場合はキャンセル料を請求されても文句が言えません。

 

もし台風が発生してしまい、引越し日に直撃という予報が出たら、その段階で話し合いましょう。

 

遠距離引越しの場合は特に、荷物をトラックに積み込めて新居まで配送できたとしても依頼者が新居にたどりつかない可能性もあります。
飛行機の欠航や新幹線が運休することもあるので、どうするべきか話し合いが必要なのです。